So-net無料ブログ作成
検索選択

<民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)

 政府・民主党は11日、民主党本部で菅直人首相や枝野幸男幹事長らによる「政権公約会議」を開き、参院選マニフェスト(政権公約)を決定した。菅首相が唱える「強い経済、強い財政、強い社会保障」を前面に打ち出す。強い財政に向けた目標として、財政再建の指標となる基礎的財政収支について「20年度までに黒字化する」と明記。焦点の消費税については「次期衆院選後に税制抜本改革を行う」として、与野党議員による財政健全化検討会議などで財政再建に向けた議論を始めることを盛り込んだ。来週に正式発表する。

 民主党は09年衆院選マニフェストで、消費税を念頭に置いた財政再建には触れず、鳩山由紀夫前首相も「消費税の議論は、任期中の4年間はしない」と議論を封印していた。

 菅首相は11日の所信表明演説でもギリシャを例に財政破綻(はたん)への危機感を表明するなど、財政再建に向けて路線転換。今回の参院選マニフェストでは、11年度の新規国債発行額についても一定の枠をはめた。10年度の44・3兆円が基準になるとみられる。

 野党から「バラマキ」との批判も受けた政策も軌道修正。衆院選マニフェストで月額2万6000円の支給を約束した子ども手当については「すでに支給している1万3000円から上積み。上積みは地域の実情に応じ、保育などの現物サービスにも代えられる」とした。

 また、強い経済のための成長戦略として「グリーン・イノベーション」や「法人税率引き下げ」「EPA(経済連携協定)・FTA(自由貿易協定)の推進」「規制改革」など13項目を挙げた。

 議員定数削減は「衆院80削減」だったのを「衆院80、参院40程度を削減」に改めた。【小山由宇】

  ◆マニフェスト骨子◆

・超党派議員による会議で財政規律を議論する

・強い経済、強い財政、強い社会保障の実現を目指す

・次期衆院選後に税制の抜本改革を行う

・子ども手当はすでに支給している1万3000円から上積み。上積みは地域の実情に応じ、保育などの現物サービスにも代えられる

高速道路の原則無料化を段階的に実施

・農家の戸別所得補償は11年度からの本格実施を目指す

・衆院80、参院40程度の議員定数を削減

・企業・団体献金の禁止

・国会議員歳費の削減

・選挙運動の原則自由化

【関連ニュース
子ども手当:半額支給なら配偶者控除そのまま…玄葉担当相
長妻厚労相:「子ども手当満額断念」
民主党:主な新役員の会見要旨 玄葉政調会長
民主党:「脱小沢」路線を徹底 役員人事承認
鳩山首相退陣:「生活重視」も財源の壁…無駄削減進まず

裁判員裁判「速やかな審理を」=地裁幹部らに最高裁長官(時事通信)
可視光で光触媒の働き=将来の水素生産期待―物質・材料機構(時事通信)
首相臨時代理、仙谷氏が1位(時事通信)
ナイナイ 岡村さん公演延期 体調不良(毎日新聞)
日本の“seifuku”を世界に――「なんちゃって制服」の殿堂、CONOMi物語(Business Media 誠)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。